プレゼント・贈り物を渡すタイミング

送別会プレゼント・贈り物を渡すタイミング

今回のコラムは送別会のプレゼント・贈り物を渡すタイミングについてです。

まず送別会でプレゼントを渡す場合は、会の終了間際が多いようです。

送別会の一般的な流れを説明しますと、はじめに司会・幹事の挨拶があり、次に役職者の乾杯の挨拶、歓談・自由時間と続き、終了時間の30分から15分前当たりにプレゼントが渡されます。プレゼントを渡すときは、送別会の主役と縁が深い人(直属の上司や部下)が挨拶や別れの言葉を贈り、それと同時にプレゼントを手渡します。

そのあとすぐに、送別会の主役が感謝の気持ちや今後の豊富を述べて、最後に幹事・司会か役職者が締めの挨拶をします。

プレゼントを渡すタイミングが早すぎるとその後がしまらなくなりますし、遅すぎると会場・居酒屋の都合で、急がなくてはならなくなりますので、タイミングには注意してくださいね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。